コツコツ学んで不安を解消!注文住宅のちょっとしたお役立ち情報を紹介します!

このサイトでは注文住宅を購入する場合に知っておくと助かるような、ちょっとしたお役立ち情報を提供しています。高額な買い物なので購入する前には不安な気持ちがあるかもしれませんが、基本的な知識を身に付けておくことでそうした気持ちを払拭することができるかもしれません。ハウスメーカーや工務店の選び方や、見積もりを比較する際に注意しておくべきポイント、さらに無理のない返済ができるような資金計画の立て方などを押さえておくのがおすすめです。

目次
  1. コツコツ学んで不安を解消!注文住宅のちょっとしたお役立ち情報を紹介します!
    1. 注文住宅は完成まで時間がかかるって本当?ステップごとの期間を知ろう!
    2. 注文住宅はお金がかかる?土地のあるなしで費用の相場もこれだけ違う!
    3. これが注文住宅の費用内訳だ!予算配分のことも教えます!
    4. 注文住宅の自己資金が足りない!どんな方法で資金調達すべき?
    5. 今までの住まいでは収納が足りない!注文住宅のならこんな間取りにできます!
    6. 地震が心配?そんな方にはこの工法で注文住宅を建てよう!
    7. 部屋の過不足で後悔したくない?注文住宅の間取りはこの手順で決めるべし!
    8. 在宅ワークにふさわしい注文住宅!そんな間取りで気をつけるべきポイントは?
    9. 注文住宅は土地を先に決めるな!最初にハウスメーカーや工務店を選ぶべし!その理由とは?
    10. 注文住宅の見積もりは複数社に依頼を!比較のポイントはこれだ!
    11. 注文住宅を小さい工務店に依頼しても大丈夫?そのメリットやデメリットを教えます!
    12. 慌ててはダメ!疑問は積極的に質問すべし!注文住宅の工事請負契約はここをチェック!
    13. 注文住宅だからこそホームインスペクションの活用を!
    14. 注文住宅はローン実行前から色々とお金がかかる!つなぎ融資について学べ!

コツコツ学んで不安を解消!注文住宅のちょっとしたお役立ち情報を紹介します!

注文住宅の建築を検討しているのであれば、基本的な知識やちょっとしたお役立ち情報を身に付けておくのが得策です。
大きな買い物をする前の不安な気持ちから解放されることができ、満足度の高い家づくりにつながるかもしれません。
注文住宅を建築する上で、自分に合ったハウスメーカーや工務店を選ぶことは非常に大切なプロセスです。
複数社から見積もりを取得し、費用だけでなく設計内容や事務所の雰囲気なども把握したうえで契約するように心掛けましょう。

注文住宅は完成まで時間がかかるって本当?ステップごとの期間を知ろう!

注文住宅は、希望するデザインや間取りで建てられるのが特徴ですが、建築するためには多くのプロセスがあるため一定の期間を必要とします。
まず行うのが建築士との打ち合わせです。
建築士に希望を伝えると設計図を作成してくれます。
この設計は、一般的に1~3ヶ月の時間を要します。
その後に、土地の調査や建築許可申請をします。
土地の状況を調べて建築物が建てられるかを確認し、建築するための許可申請をします。
地域によって違いはありますが、1~2ヶ月程度と考えてよいでしょう。
さらに、地盤の調査や基礎工事をして建築する場所の整備をしていきます。
これは土地の地盤の状態などによって違いが出てきますが、一般的に1~2ヶ月程度必要です。
そして、建物を建てるための本工事では6~10ヶ月程度はかかります。
注文住宅は理想とする家を建てることができるのですが、このように多くの時間を要する建て方です。
注文住宅を依頼するときには、この期間を考慮したうえでの依頼が必要です。

注文住宅はお金がかかる?土地のあるなしで費用の相場もこれだけ違う!

注文住宅の購入はお金が掛かると言われていますが、具体的にどの程度の必要になるのでしょうか。
建築費用が高いのはもちろんですが、土地の購入費用も大きな影響を与えるので土地を所有しているかどうかによって費用の相場が大きく変わります。
一般的に土地を所有していない人が注文住宅を建築しようとした場合は、安くても5,000万円程度のお金が掛かると言われているでしょう。
ある程度の広さがあったり利便性が良い土地の場合には、注文住宅の購入に1億円以上支払うことも珍しくありません。

先祖代々の土地を所有している場合などは、その分2,000万円くらい費用が安くなると言われています。
所有している更地の状態の不動産がある場合は、その場所に注文住宅を建築できないか検討してみるのが良いかもしれません。
その他にも不動産取得税などの諸費用も必要になるので、余裕を持った資金計画を立てて無理なく返済できるようにシミュレーションしておきましょう。

これが注文住宅の費用内訳だ!予算配分のことも教えます!

自由設計の注文住宅はフルオーダーになるほど、お金がかかる傾向が高まります。
予算に余裕がない方であれば、資金計画をしっかり立てるためにも、必要な費用内訳や予算配分について、事前に理解しておくことが求められます。

まず費用内訳を大きく分けると、建物本体工事費と付帯工事費そして諸経費に分類することが可能です。
さらに注文住宅用の土地を購入するなら、土地代も必要になるでしょう。

建物本体工事費はその名称の通り、建物自体に必要な費用であり、基礎工事や仮設工事あるいは設計料まで含まれる部分です。
また付帯工事費は建物以外の範囲でかかる費用のことで、門塀や駐車場といった外構ゾーン、水道管やガス配管等のインフラ部分、室内ならカーテンや照明などが含まれます。
さらに諸経費は工事以外の費用であり、工事請負契約の際の手数料や印紙代の他、工事請負契約や住宅ローン契約の際には印紙税や登記の登録免許税、完成後の不動産取得税や固定資産税など、税金面の費用が目立ちます。

それぞれの予算配分は建物の状況や地域ごとの地価によって左右されますが、全国平均で見ると建物本体工事費で約7割を占め、付帯工事費で約2割、諸経費は約1割の予算配分が一般的な傾向です。

注文住宅の自己資金が足りない!どんな方法で資金調達すべき?

注文住宅は一般の分譲住宅に比べ様々な費用がかかるため、自己資金が足りなくなってしまうと言うことも少なくありません。
一般的には住宅ローンで利用することができる範囲に抑えることが重要ですが、注文住宅の場合には自分の希望をできるだけ取り入れたいと考えるあまり、予算オーバーとなってしまうことも多いものです。
このような場合にせっかくの注文住宅を諦めてしまうと言うのは非常に悔しいものであり、また納得できるものではありません。

最近では様々な資金調達の方法があり、また住宅ローンの種類も分譲住宅の場合と注文住宅の場合とではその金額が異なると言うことも少なくありません。
工務店等の場合には独自のローンを用意しているケースもあり、これを利用すると安い金利で資金を調達することができると言うケースも多いものです。
様々な資金調達の方法があるため、これらを比較して十分に確認し、自分の返済能力に合ったものを選ぶことがポイントとなっています。

   

今までの住まいでは収納が足りない!注文住宅のならこんな間取りにできます!

注文住宅の最大のメリットは、自由に設計できるところにあります。例えばですが収納系に関しても間取理を変えてしまうという事もできますし、階段の下にスペースを作ることも出来ます。分譲住宅でも工夫されていたりすることもありますが、1からという事になりますとそれは難しいです。注文住宅でしたら、こういった感じにしていきたいという要望をとりいれて設計していけますし、アドバイスなども採用してより高機能な家にする事も出来ます。 マンションですとなかなか収納スペースが取れないこともありますが、一軒家で注文住宅であればさらに自由度が高くなりますのでお勧めです。アクティブに行動をしたい方にとって、例えばキャンプ用品やウィンタースポーツ系のアイテムをしまう場所は重要になってきます。季節家電などもそうですが、それをしまっておく場所が作れると、リビングやそのほかの部屋も広く見せることが出来ますので考えていくと良いでしょう。

地震が心配?そんな方にはこの工法で注文住宅を建てよう!

注文住宅で地震が心配と言う場合には、免震構造を選択するのも非常に良い方法となります。近年では多くの工務店やハウスメーカーなどで免震構造を持った住宅を販売しており、これを取り入れることで大きな揺れにも耐えることができる構造となっているため、安心して暮らすことができるようになっているのが特徴です。 最近では大きな地震が数多く発生しており、従来のような耐震構造だけではその対策が充分ではないことがわかっています。注文住宅では様々な工法を利用することができるため、必要に応じてその構造などを変えることができるのがポイントですが、揺れを自分自身で抑えるものである耐震構造の場合には、現在では一定の力異常が加わるとこれに耐えられなくなってしまうと言うことも少なくありません。従来はこの耐震構造が主流となっていましたが、近年ではその揺れを分散して住宅自身に力を加えないようにする免震構造が非常に注目されるようになっています。注文住宅はこれらの広報も取り入れることができるため、積極的に検討することが良い方法となります。

部屋の過不足で後悔したくない?注文住宅の間取りはこの手順で決めるべし!

注文住宅を購入する場合は、自分で自由に間取りを設計することができるため、好みに応じて部屋の数も決めることができます。しかしこの場合に多いのは広い空間が欲しいと部屋の数を減らしたために、実際に住んでからその数が足りないと感じてしまったり、逆に余裕を持ってその数を増やしたために多すぎると感じてしまうことです。これを避けるためには、しっかりと必要な間取りの意味を考え、これを意識したものとすることが良い方法となっています。 注文住宅を建てる際には、空間の利用方法を事前に決定することが良い方法となっています。また将来的な使い方を事前に予測し、その変化に対応する構造とすることも良い方法となります。間仕切り等を効果的に利用することで、空間を状況に応じて自由に変えることができるようにすることが1つの方法であり、その構造を取り込むことも非常に便利なものとなっているのがポイントです。将来的な家の使い方を十分に考慮し、これに従って決めることが非常に良いものとなっています。

在宅ワークにふさわしい注文住宅!そんな間取りで気をつけるべきポイントは?

最近ではステイホーム等の影響により、在宅ワークをすると言う人も増えています。仕事をするためには出社をしなければならないと言う概念が大きく変化しており、様々な仕組みを導入することで自宅でいろいろな仕事を行うことができるような環境が整いつつあります。しかしこれまで自宅で仕事をすると言う習慣がない人にとっては、会社のようになかなか集中することができないと言うことも多いものです。注文住宅では、このような悩みをその環境や間取りから改善することができることが多いので、これを意識することが大切です。 注文住宅では、自由に間取りを決めることができるため、様々な周辺の影響を効果的に取り入れることも可能となります。在宅ワークをするときには集中できる場所を確保することが必要と考えられることが多いのですが、実際には家の様子が常に見えないと逆に気になって集中することができない場合も少なくありません。このような場合には自分が仕事をするスペースから家の様子が全てわかるような構造にすることが、良い方法となっています。

注文住宅は土地を先に決めるな!最初にハウスメーカーや工務店を選ぶべし!その理由とは?

注文住宅は、土地を先に購入してからその場所に建てることができる家を選ぶと言うのは基本だと考えられていることが少なくありません。しかしこの方法を選ぶと損をしてしまうことも多く、また場合によっては希望の住宅を建てることができなくなってしまうことも多いので注意が必要です。 注文住宅は一般の人ではわからない様々な特殊な構造を持っていることも多く、そのために見た目よりも必要なスペースや土地の強度等が必要なことも少なくありません。そのため、まずはハウスメーカーや工務店を選んで十分に相談をすることが必要です。ハウスメーカーや工務店では様々な条件を踏まえて最適なところを推薦してくれることが多く、また総合的に購入金額が安くなるケースも多いので、メリットが大きいものです。信頼できるところを選ぶことが重要なポイントであり、さらにこのような場合には様々な効果的なアイディアを提案することも多いので、スムーズに住宅を建築することができます。

注文住宅の見積もりは複数社に依頼を!比較のポイントはこれだ!

注文住宅の見積もりを作成してもらうときは、一社だけに依頼するのではなく複数社にお願いするのがおすすめです。
一社だけではその業者が良いかどうか判断するのが難しいですが、複数のハウスメーカーや工務店を比較することでより違いが分かりやすくなるでしょう。
注文住宅の見積もりをチェックする際のポイントとして、建築費用を確認するのはもちろんですが設計内容や質にも注目することが重要です。
使用している資材の品質や技術などを総合的に勘案して、コストパフォーマンスの高い業者と契約するのが良いでしょう。
費用が安くてもいい加減な仕上がりになってしまっては本末転倒なので、建築費用と工事内容の質が見合ったものであるかよく確認しておくことが大切です。
またその際に対応してくれたスタッフの応対や、設計事務所の雰囲気なども忘れずにチェックしておくのが良いかもしれません。
長い付き合いになる大切な家づくりのパートナーを見極めましょう。

注文住宅を小さい工務店に依頼しても大丈夫?そのメリットやデメリットを教えます!

注文住宅の建築を依頼する会社として、ハウスメーカーや工務店など様々な業者が存在します。
どの業者を選んだら良いか分からず迷っているのであれば、いくつかの会社から見積もりを取得して比較するのが良いでしょう。
マイホームとなると高額な買い物なので、小さな工務店に注文住宅の建築といった大きな仕事を依頼して大丈夫なのか不安に感じる人がいるかもしれません。
小さい会社ならではのメリットとデメリットがあるので、よく考えた上で契約するかを決定するのが得策です。
メリットとしては小回りがきくので細かいニーズにも対応してくれるという点が挙げられます。
担当者との距離が近くちょっとした要望にも素早く対応できるので、非常に頼り甲斐があるでしょう。
依頼者一人一人に対して親身になって向き合ってくれるのも魅力だと言えます。
一方で全国各地に店舗がある訳ではないことや、大手ハウスメーカーのように一括で資材を安く購入することはできない点は知っておくべきです。

慌ててはダメ!疑問は積極的に質問すべし!注文住宅の工事請負契約はここをチェック!

注文住宅は設計の自由度が高いため、デザインや間取りあるいは設備など家づくりのあらゆる部分に、施主さんの希望を反映させることが可能です。
とはいえ、その分だけ専門的な知識や経験、そして手間や時間も求められるため、素人の施主には負担が大きくなる傾向があります。
そこで業者との打ち合わせでは、ちょっとした疑問や不安も放置することなく、できるだけ積極的に質問や相談することが肝心です。
特に本契約である工事請負契約を締結する時には、これが強く求められます。
ひとたび契約してしまうと、撤回や解約するにも手付料やキャンセル料がかかりますし、契約後に家づくりに修正部分が生じても、やはり余計な手間や時間あるいは費用が必要になることが珍しくないからです。
したがって注文住宅の工事請負契約を締結する場合には、契約内容をじっくりとチェックして、少しでも疑問や不安があるならば慌てることなく、担当者へ積極的に質問しましょう。
特に工事スケジュールや代金の支払時期、そしてキャンセルについての部分などは、後からトラブルが発生しやすいので、十分な確認が必要です。

注文住宅だからこそホームインスペクションの活用を!

注文住宅は企画段階から施主が関わるので、一見すると全面的に施工を任せても大丈夫なイメージですが、実際にはだからこそ調査や点検が重要ですし、ホームインスペクションをするべきではないでしょうか。
ホームインスペクションは日本語で住宅診断と呼ばれているもので、中古の住宅を購入する際などに、建物の細部に至るまでプロに調査してもらう方法です。
注文住宅には不要と思われますが、注文して建てるからこそ必要と考えることができます。
というのも、建物は注文住宅に限らず人の手で造られるものですし、意図するか否かを問わずに手抜きが行われることは珍しくないです。
折角、費用を掛けて拘りの家を建てても、施工に不備があればがっかりな結果になってしまうので、限りなく完璧な仕上がりを目指す意味でもプロに調査してもらうべきです。
確かに費用は掛かりますが、注文住宅にようする費用と比べればそれほど高額ではありませんし、得られる安心感を考えればむしろお得なのではないでしょうか。

注文住宅はローン実行前から色々とお金がかかる!つなぎ融資について学べ!

注文住宅を購入する際には、完成するまでの間に発生する様々な支払いにどう対応するかも決めておく必要があります。
もし、費用を一部でも金融機関からの融資で対応しなければならない場合、金融機関からはつなぎ融資と呼ばれる仕組みの利用をすすめられることが多いです。
注文住宅購入資金の調達のために住宅ローンに申し込む場合、その時点では建物が申し込みの時点では影も形もなく、規約上担保物件とすることはできません。
そこで、住宅ローンからの融資が実行できるようになるまでのつなぎとして用意される仕組みがつなぎ融資です。
つなぎの融資の申し込み手続きは、住宅ローンとほぼ同時に行います。
審査に通って契約を結べば、業者などから費用を請求される度に金融機関から代金全額が貸し付けられ、即座に業者に渡ることになります。
そして、建物が完成し、引き渡し手続きの中で住宅ローンが実行されるときに清算が実施され、つなぎで借りた分は一括で返済されます。
注文住宅の購入者は、つなぎの分は一切考える必要はなく、住宅ローン本体の返済のみを考えれば良いことになります。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のお役立ち情報

このサイトでは注文住宅を購入する場合に知っておくと助かるような、ちょっとしたお役立ち情報を提供しています。高額な買い物なので購入する前には不安な気持ちがあるかもしれませんが、基本的な知識を身に付けておくことでそうした気持ちを払拭することができるかもしれません。ハウスメーカーや工務店の選び方や、見積もりを比較する際に注意しておくべきポイント、さらに無理のない返済ができるような資金計画の立て方などを押さえておくのがおすすめです。

Search

更新情報